おいしい読書

『きのう何食べた?』のシロさんのごはん[おいしい読書001]

よしながふみさんの『きのう何食べた?』

もう10年以上続いている人気シリーズ。「おいしい漫画」として読んでいるだけじゃなく、日常の食卓に彩りを加える(地味だけど)レシピ集としても重宝している

きのう何食べた?

もともとよしながふみさんが好きで、これまで出ている漫画はすべて買っている。そんなよしながふみさんが青年誌で連載を! となれば、読むしかない。

雑誌連載は初回から追いかけ、ドラマも見て、DVDを買い、梅田ロフトで行われたイベントにも足を運んだ。

とにかく好きなんだー! 以上。

なんだけど、それだとアレなのでもう少し

男性同士の同棲カップルの日常を描く

弁護士のシロ(筧史朗)さんと、美容師のケンジ(矢吹賢二)は、同棲する同性カップル。

彼らを取り巻く人々や仕事の話にプラスして、シロさんが毎日つくっている食事がつくり方付きで載っているという、レシピとして大変優秀な漫画

これで作るようになった料理もたくさん。

シロさんはめんつゆも使うし、出汁は顆粒だったりするし、珍しい調味料は使わない。ホントに「主婦の節約レシピ」って感じ。

カンタンにチャレンジできるし、「メイン+汁物+副菜何品か」を必ずつくってくれるので、とくに副菜のレシピ集としてもありがたい

日常食の副菜って意外と思いつかなくて、すごく悩んじゃったりするから。

連載開始時43歳、最新巻では52歳

主人公のシロさんこと、筧史朗さん。

連載開始時は43歳。順調に歳をとって、最新巻では52歳になっている

読み続けている自分も当然10歳、歳をとってるってこと

読み始めた当時は「43歳」なんて遠い未来のことに思えて、シロさんがいう「今日の身体は昨日までの食事がつくってる」的な話だったり、「バランスの良い食事をしなきゃだめ」みたいなことが響かなかった

でも、だんだん自分も歳をとり… シロさんの話が身に染むようになってきた。

老後に備えて貯蓄することも、毎日の食事に気を使うことも…

そろそろ考えないといけないねっていう。

シロさんの作る料理は?

シロさんのつくる食事は基本「一汁三菜」。

2品は油を使ってOK。その代わり2品は油を使わず仕上げるのがセオリー

たとえば、メインがガッツリ系だったら、味噌汁とおひたしを合わせるとか

メインが油を使わない料理なら、汁物は豚汁をつくるとか。全体で辻褄を合わせるスタイル。

それだけ守れば、確かに結構バランスの良いメニューになる気がする。

レシピを参考にしてみたら

シロさんのレシピはかんたんなので、よくつくる。

一番の頻出はもしかしたら「豆ごはん」?

一般的なレシピよりもカンタン(手抜き)で、豆を事前に茹でたりせず、生のママ炊飯器に投入するスタイル。豆にシワが寄ってしまうけど、味は美味しいし、家庭で食べるなら問題ない

こういう「手抜きワザ」を教えてもらえるのもとっても嬉しい

サラダとか和え物とかもいいし、中華系の炒めものもよくつくる。炊き込みご飯のレシピも役立つ。

ちょっと少なくない? いや十分か?

漫画に出てくるレシピ

読み始めた当初は「男2人でこれって少なくない?」と思ったんだけど、今になると「ああ、この量は丁度いい。ってよりも、2人共意外とよく食べるな」って気持ちになってきた

やっぱり年齢とともに食べる量って減っていくから

さらにシロさんのレシピは結構油多め&味濃いめ。

家で実際に作るときには、ちょっと味付けを薄めにすることもあったりして

意外と健啖家なんじゃないか? と思うシロさんとケンジ。これからも少し年上の食卓として、参考にさせてもらおう

ストーリーとしてはもうかなり極まってきたので、そろそろ終わっちゃうのかな? とも思わないでもないけど、これからも細く長く読み続けさせてほしい。

ABOUT ME
ミナミ
京都出身、滋賀在住/仕事は自営業/ 小説も漫画好き/実用書・ビジネス書も時々/ 大の電子書籍派。趣味の読書はほぼ100%電子書籍で/ ミステリ、時代もの、SF、ライト文芸好き/ 食べるの好きなので「おいしい」ものが出てくる作品が好き/ 最近は映画とくに邦画好き