おいしい読書

手島悠介『かぎばあさんの魔法のかぎ』の「(パイナップル乗せ)大きなハンバーグ」[おいしい読書003]

子供の頃、夢中で読んだ本にも「おいしい」がたくさん

自分自身「カギっ子」で、カギを忘れることもあったので、かぎばあさんにはすごく思い入れが

こんな人が来てくれるといいなぁ… って。まぁホントにいたら不審者感すごいんだけど

手島悠介「ふしぎなかぎばあさん」

ふしぎなかぎばあさん』は、その名の通り不思議なおばあさんが主人公

「かぎばあさん」とは?

カギをなくし、家に入れなくて困っている子供の前にあらわれて、持っている大量のカギの中から「家のカギ」を見つけ、家に入れるようにしてくれる、不思議なおばあさんが「かぎばあさん

さらに悩み事のある子どもを元気づけるため、歌を歌いながらごちそうを作ってくれるのという夢のような存在。

やっぱり完全に不審者なんだけど、こういう人が来てくれるといいなぁって、子供心に思った

大人気シリーズ

1976年の1冊目から2000年まで、20冊が刊行されて350万部も売れているそうだから、相当な人気シリーズ。

しかも図書館や学校図書館で読んだ子も多いんだろうから、長きにわたってたくさんの子供が楽しんだんだろうなって

もちろん今もきっと読みつがれてる。そう思うと児童文学ってすごい

かぎばあさんは料理の達人!?

かぎばあさんは、おばあさんなので、作る料理も田舎風? かと思いきや、意外とハイカラ。

最初の物語では「ポークソテー」。2作目では「ハンバーグ」と、子供の好きなごちそうを中心に、甘いおやつも、各国料理(メキシコ料理やギリシャ料理なんて話もあるらしい)も魔法のようにつくってしまう

かぎばあさん最高!

イラストレータさんの「おいしそう」な絵もあいまって、ホントにすごくすごくたべたかった

かぎばあさんの魔法のかぎ

子供の頃、とくに憧れて「食べたい」と熱望したのは「ハンバーグ

かぎばあさんがつくってくれたそれは、もうものすごく大きなハンバーグ

しかもパイナップルが乗っていた

パイナップル乗せハンバーグ

ハンバーの上に、輪切りにしたパイナップルが2枚

缶詰のパイナップルを考えても、そりゃもう特大。

大きなハンバーグっていうだけでもステキだし、さらにパイナップルっていうのが余計にステキに見えたもの

実際あったら多分苦手だけど…

いや、酢豚のパイナップルも、そうめんのミカンやサクランボも苦手なんで

きっと実際目の前に出されたら「パイナップルは要らん」と思ったような気がするんだけど…

でもその当時、すごく魅力的に見えたもの

大きなハンバーグ、つくってみようかな?

ABOUT ME
ミナミ
京都出身、滋賀在住/仕事は自営業/ 小説も漫画好き/実用書・ビジネス書も時々/ 大の電子書籍派。趣味の読書はほぼ100%電子書籍で/ ミステリ、時代もの、SF、ライト文芸好き/ 食べるの好きなので「おいしい」ものが出てくる作品が好き/ 最近は映画とくに邦画好き