おいしい読書

作中の「おいしい」に出会いたい![おいしい読書000]

料理やグルメをテーマにした本やマンガが好き。

そのまま家でチャレンジできるレシピもいいし

レストランや料理店をテーマにしたものも面白い

そんな「おいしい」作品について少しずつご紹介

「おいしい」読書はじめ

子供の頃から本が好きで、ずっと読み続けてきたけど

はじめて自分で選んで読んだ「おいしい」作品は、『こまったさんのスパゲティ』だったかも

こまったさんのスパゲティ

ミートソースにボンゴレ、スパゲティ・コン・トンノ(まぐろの缶詰とトマトのスパゲティ)などなど、おいしそうなメニューがたくさん

カンタンに作れそうなのもあって、ワクワクしながら何度も読んだもの。

おしゃれなパスタに憧れて

この頃はパスタ… というかスパゲティはナポリタンか、ミートソースくらしかなくて。

ボンゴレなんて食べたことはもちろん、見たこともなくて、すごく食べてみたかった。

母親に頼んで「ボンゴレ」は作ってもらったような記憶も。でもそれは「アサリの酒蒸しスパ」みたいなものだったので、もう少し大人になって、イタリアンなお店でボンゴレを食べた時は、「これかー!」と感激した。

はじめての「おいしい」マンガ

「おいしい」マンガはじめは、『美味しんぼ』

美味しんぼ

実家は自分が中学生になるくらいまで、基本は「マンガ禁止」だったのだけど、父親が「すごいマンガがはじまった」とウキウキで買ってきたのがコレ。

当時にしてはすごく新しかったんだろうし、「外食」とか「グルメ」とか「自然派食材」「各国料理」「高級食材(キャビアとかフォアグラとか)」… 珍しいものが山積み

でも、こっちは子供だからよくわからないし、そもそも「マンガ禁止」なので、マンガってだけで珍しく… あまり「すごさ」が伝わらなかった

フォアグラが食べたい!

でも、面白くは読んでいて、数年後の誕生日に「どうしてもフォアグラが食べたい!」と缶詰を買ってもらった

これがあんまり美味しくなくて…

なんだかショックだった。これまでにキャビアとトリュフは食べたことあったんだけど、それもあんまり「旨い!」って感じではなかったので

世界三大珍味」のわからない自分にガッカリした

けど、これも大人になって、イタリアンのお店で「フォアグラのソテー」を食べたらすごく美味しく。これまた感激した記憶

広い意味での「おいしい」作品

そんな広い意味での「おいしい」作品と、それにまつわる「食」の話

物語のなかでみつけた「おいしい」をたくさん!

思い出の話もたくさん交えて、少しずつ語る予定

ABOUT ME
ミナミ
京都出身、滋賀在住/仕事は自営業/ 小説も漫画好き/実用書・ビジネス書も時々/ 大の電子書籍派。趣味の読書はほぼ100%電子書籍で/ ミステリ、時代もの、SF、ライト文芸好き/ 食べるの好きなので「おいしい」ものが出てくる作品が好き/ 最近は映画とくに邦画好き