おいしい読書

槇村さとる『Real Clothes』の「おかめうどん」[おいしい読書004]

世の中には「関東にしか無い」とか「関西ではよく見る」とか、そんな地味なローカルフードが結構ある

自分は京都出身なんだけど、京都には「京都だけのローカルフード」も多く、子供の頃から親しんできた味が、ローカルだと気づいて驚いたりもして

槇村さとるさんの『Real Clothes』に出てきた「おかめうどん」も、関西ではあまりなじみのないもので、「どんなものなんだろう?」と思ったものだ

槇村さとる『Real Clothes』

雑誌「YOU」で5年連載され、香里奈さん主演でドラマ化もされた、槇村さとるさんの『Real Clothes』。全13巻

デパートを舞台にしたお仕事漫画

越前屋百貨店の婦人服売り場を舞台に、主人公・天野絹恵が、仕事に恋に奔走する…

もともと槇村さとるさんの漫画も好きだし、お仕事漫画も好き。

さらに百貨店を舞台にした物語も大好き。自分も百貨店の裏方として、少しだけど働いていたこともあって、余計に親近感があったり、内情が少しわかったり。

連載が2006年~なので、すでに状況が変わってきてはいるけど、百貨店や服飾販売の裏側が垣間見えるのも楽しい

パリで食べる「おかめうどん」

おかめうどんが出てくるのはコミックス7巻

出張買付に行ったパリで熱を出してしまった主人公

上司が「おかめうどん」を差し入れてくれる…

で思ったのは「おかめうどんって何?」ってこと。関西にはあんまりないので、多分食べたことがない

絵で見ると「かまぼことしいたけ、にんじん、ネギ、青菜」が入っているっぽい。海外で心身が不調になった時に食べるあったかいうどん。

すごくホッとするだろうし、絶対美味しい。

お出汁って疲れた身体に染み渡る。

ところで「おかめうどん」って何?

すごく美味しそうなんだけど、「おかめうどん」ってよく知らず

調べてみると、おかめうどんって

かまぼこ・しいたけ・青菜などの具を入れたかけうどん。具の並べ方がおかめ(阿多福)の面に似るところからの名という

ってことみたい

「おかめ(おたふく)に似てる」っていうことはキャラうどんっていう可能性も。やっぱり食べてみたい

関西でもメニューにあるところもあるようだけど… 見たこと無い、もしくは頼んだことがない。

「おかめ」=「しっぽく」か?

もう少し調べると、「関西では『五目』もしくは『かやく』と呼ばれることもある」という話も。確かに「五目」とかは見たことあるような気も…

ついでにいうと、京都? 関西? には「しっぽく」という名前のうどんもあって、「かまぼこ、しいたけ、青菜、湯葉」なんかが入ってる。

これは見たこともあるし、食べたこともある。あんかけが加わると「のっぺい」となり、これは滋賀・長浜の名物だったりして。

ってことは「しっぽく」=「おかめ」ってこと?

「おかめ」な顔のものがいい

両方がメニューにあるお店もあるので、厳密には違うんだろうけど、同一視されているお店も多いのかもしれない。

漫画を読んだのはもうかなり前だけど、未だ見たことがない「おかめうどん」。どこかでオーダーしてみたい。そのときは「おかめ」の顔に近いものがいいなぁ

ABOUT ME
ミナミ
京都出身、滋賀在住/仕事は自営業/ 小説も漫画好き/実用書・ビジネス書も時々/ 大の電子書籍派。趣味の読書はほぼ100%電子書籍で/ ミステリ、時代もの、SF、ライト文芸好き/ 食べるの好きなので「おいしい」ものが出てくる作品が好き/ 最近は映画とくに邦画好き