おいしい読書

田井ノエル『大阪マダム、後宮妃になる!』の「たこ焼きとお好み焼き」[おいしい読書013]

関西人の家にはたこ焼き器がある」なんていう。これはある。もちろんある。というか、子供の頃は「たこ焼き器のない家がある」なんて想像もしてなかった

我が家には当然たこ焼き器はあるし、実家には「お好み焼き専用の鉄板」もあった。ものすごく重くて、めちゃめちゃ美味しく焼けるちょっとした自慢の鉄板。

「粉の配合」「具は何がいい?」「ソースはどれ?」… それぞれ「譲れない」こだわりがあるような特別な存在。そんなコナモンが出てくるのが『大阪マダム、後宮妃になる!』シリーズ。

大阪マダム、後宮妃になる!

理想の男はバース」と公言して憚らない主人公

大阪で生まれ、難波で育ち、道頓堀で死んだ…… 結果、「凰朔国」随一の商家の娘・蓮華として生まれ変わったという異世界転生モノ

父親に命じられて後宮に入った蓮華は、いろんな成り行きで“皇帝の寵姫”となり、前世の経験をフル活用して後宮で商売を開始。皇帝や他の妃たちに、お好み焼きミックスジュースを振るまい、飴ちゃんを配り、野球を流行らせて自分は縦縞ユニフォームを着る。

お好み焼き」はすでに後宮で人気を博したものの、どうしても「タコ」が手に入らず、たこ焼きの完全再現はまだ先になりそう… というお話?

関西人とたこ焼き

関西人とたこ焼き

先にも書いたが、やはり関西の家には「たこ焼き器は一家に1台」だ。

一人暮らしだとないかもしれないので、「絶対ある」なんて言わないけど、でもやっぱりたこ焼き器はデフォ。当然ながら我が家にもある

炎たこが最高

個人的にはこのIwataniの「炎たこ」がすごく美味しく焼けると思っている。たこ焼きはガスで焼くに限るのだ。

京都出身なので、ソースは「ツバメソース」がいい。

たこ焼きソースは多分なかったので、ここはお好みソースで

青のりは要らないけど、粉がつおは必須で行きたい。マヨネーズはなくてもいいけど、あってもいい派。

ご贔屓の「たこ焼き屋さん」

家でも焼くが、関西の人たちってそれぞれ「ご贔屓のたこ焼き屋さん」というのも持っている

関西人に「美味しいたこ焼き屋さん、知ってる?」みたいなことを聞いてみると、たいてい2軒や3軒名前が出てくる。繁華街で1箇所、観光地で1箇所、家の近くにもう1箇所的な

友人知人のオススメする「たこ焼き屋さん」に連れてってもらったこともあるし、自分が新卒で入社した会社(本社は大阪)は入社式の後に「社長がオススメのたこ焼き屋さん」に連れて行かれた思い出… 

関西人(とくに大阪人)とたこ焼きの関係は深い

大阪マダムの大阪グルメ

異世界に転生しちゃった大阪マダム

皇帝の寵姫という立場と、実家がものすごく太い商家というアドバンテージを利用し、外国の食材を取り寄せ、鉄板やたこ焼き用をはじめ特製の調理器具もつくらせて、大阪グルメを堪能しまくっている

関西人なら一度や二度は食べたことある「あれ」や「それ」も再現させているので、ついニヤニヤ。しかし関西以外の人にも伝わっているのか? わからないし

主人公は「再現度が物足りん」と思っているみたいだけど…

今後どんな大阪グルメが出てくるのか? 楽しみに読み続けたい

ABOUT ME
ミナミ
京都出身、滋賀在住/仕事は自営業/ 小説も漫画好き/実用書・ビジネス書も時々/ 大の電子書籍派。趣味の読書はほぼ100%電子書籍で/ ミステリ、時代もの、SF、ライト文芸好き/ 食べるの好きなので「おいしい」ものが出てくる作品が好き/ 最近は映画とくに邦画好き