おいしい読書

馬場のぼる『11ぴきのねことあほうどり』の「コロッケ」[おいしい読書005]

子供の頃、好きだった本はもう擦り切れるほど読んだ

裕福だったわけでもないから、そこまで自由本を買ってもらえなかったというのもあるし、近くに図書館がなかったのもあるし(小学校5年生の時に、近くに図書館ができて歓喜した)

11ぴきのねことあほうどり

すごく好きで、それはもう何度も読んだ『11ぴきのねことあほうどり


あまりに好きすぎたからか、映画も連れてってもらったっけ。

そう思って調べたら1986年に映画が公開されているみたいなので、それに行った… ような気がする。

ねこたち「コロッケ店」開業

お話は、とある町で11ぴきのねこたちがコロッケ店を開業するところからはじまる。

店は大繁盛し、彼らは毎日売れ残りのコロッケを食べて生活していた。最初は楽しかったんだけど… 毎日コロッケだと飽きる。

「鳥の丸焼きが食べたい」と言い出したねこたちの元にやってきた、1羽のあほうどり。「このおいしいコロッケを兄弟たちにも食べさせたいから、国までコロッケを作りに来てくれないか」と頼む

あほうどりの国に行って、鳥を丸焼きにして食ってやろうとたくらむねこたちは、気球であほうどりの国を目指すのだが… みたいなお話

こうして書き出すと、「あほうどりを丸焼きにして食ってやろう」って、かなりひどい話。でもまぁ絵本なのでオチはかわいらしい

コロッケがホントにおいしそう

あほうどりが「国の兄弟に食べさせたい」と熱望するほどおいしいコロッケ

子供心にすごくあこがれた。

基本的にコロッケが好きだったので、余計に

お肉屋さんが揚げてくれるアツアツのコロッケ。行儀悪くその場で食べる。

きっとこれが世の中で一番おいしいコロッケ。

11ぴきのねこたちのコロッケも、大きなお鍋でジュワジュワ揚げていたので、きっとそんな感じ

最近、そういうお肉屋さんも減ってきたのでなかなか出会えないだけに、余計に食べたくなってきた

11ぴきのねこ

シリーズは7作出ているけど、実は『11ぴきのねこ』と『11ぴきのねことあほうどり』しか読んだことがない

created by Rinker
子どもの文化普及協会

他の作品も読んでみないと

ちなみに『11ぴきのねこ』も映画化されているらしく、調べてみると、リーダーのとらねこたいしょうの声を郷ひろみさんが担当しているみたい

どんな感じなんだろう? と俄然興味が

1980年の映画なので、観られる機会はないのかもしれないけど、ちょっと観てみたいなぁ

ABOUT ME
ミナミ
京都出身、滋賀在住/仕事は自営業/ 小説も漫画好き/実用書・ビジネス書も時々/ 大の電子書籍派。趣味の読書はほぼ100%電子書籍で/ ミステリ、時代もの、SF、ライト文芸好き/ 食べるの好きなので「おいしい」ものが出てくる作品が好き/ 最近は映画とくに邦画好き